バッテリーで選ぶなら?XperiaZ VS AQUOS PHONE ZETA 比較(SO-02E, SH-02E) XperiaZ SO-02Eレビュー・評価ブログ 忍者ブログ

[PR]

2017年09月23日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

バッテリーで選ぶなら?XperiaZ VS AQUOS PHONE ZETA 比較(SO-02E, SH-02E)

2013年01月28日
2012年モデルからスマートフォンには大容量バッテリーを積んだ機種が増えてきましたが、それでもまだまだすべてのユーザーが満足できるレベルには到底届いていないという状況ですね。

今回発売されるXperiaZは、従来の機種に比べて電池の持ち具合はどうなのかというのを比較検討してみます。

まず、XperiaZ SO-02Eの公式数値は、

容量:2330mAh(取り外し不可の内蔵型)
待ちうけ(3G/LTE):約 480時間/430時間
連続通話(3G):約 640分

次に、現在ドコモのハイスペック機でもっともバッテリーの持ち・制御が優れているとされるシャープ製のAQUOS PHONE ZETA SH-02E(2012年冬モデル)はこんな感じです。

容量:2320mAh(取り外し不可の内蔵型)
待ちうけ(3G/LTE):約 380時間/350時間
連続通話(3G):約 580分

こうしてみると、バッテリー容量はほとんど同じなのに、エクスペリアゼットの方が一回り持ちがよくなっているようです。

しかし、アクオスフォンゼータのほうは新技術ディスプレイのIGZO液晶によって、実際に利用している最中の画面描写に関するバッテリー消費が少なくなっており、実用レベルではSH-02Eの方が上なのではないかと。

単純な公表値を比べるだけでは限界があるのが実情です。たとえば、同じく冬モデルのARROWS V F-04Eは2420mAhを積んでいますが、電池の持ちに関する評判はすこぶる悪く、ユーザー各自で相当の節電設定をしなければ1日に何回も充電しなければ使ってられない、というクチコミが多数あります。

XperiaZはドコモ版でスタミナモードが削除されるなど、ちょっと不安な面も出てきていますが、あとは実際に発売されて、使ってみた人の感想が出てくるまでは評価が難しいところです。

SO-02Eのバッテリー持ちはそんなに悪いということはなさそうですが、どうしても不安な人は人柱になってくれる人の情報を待ってから購入した方がよさそうです。あるいは、モバイルバッテリーを常備するなら、とくにバッテリーを気にする必要ないかもですね。

enecycle EN03 10000mAh・2.1A 1A出力 大容量携帯充電器 iPhone5対応

新品価格
¥2,680から
(2013/1/28 02:26時点)



拍手[0回]

PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字