SONYデュアルSIM対応6インチスマホ「Xperia T2 Ultra」などを発表 XperiaZ SO-02Eレビュー・評価ブログ 忍者ブログ

[PR]

2017年12月11日
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

SONYデュアルSIM対応6インチスマホ「Xperia T2 Ultra」などを発表

2014年01月16日
Xperia Z2の登場はありませんでしたが、海外版のXperiaZ1S, Xperia Z1 compactに続き、ソニーは新しいXperiaシリーズの端末を2014年モデルとして発表しました。


今回発表されたのはXperiaシリーズの中ではこれまでに無いサイズとなる6インチのミドルスペック機種「Xperia T2 Ultra」とウォークマン機能に特化した「Xperia E1」です。

どちらも海外向けの端末の新作であり、日本のキャリアから発売される可能性は低そうです。


Xperia T2 Ultraは2012年モデルのXperia GX SO-04D系の流れを汲む「Xperia T(日本未発売)」のファブレット機種です。LTEに対応し、CPUは1.4GHzクアッドコア・RAMは1GBなどスペックとしては2012年冬モデルくらいの高性能機種と同等、というイメージです。

ただし、6インチ(HD)の大きな画面を持つ機種のため、バッテリーは3000mAhと大きめとなっています。

発売済みのXperia Z Ultraよりもワンサイズ小さく(6.44インチ)、機能と価格を抑えたモデルといえます。

SIMカードはシングルとデュアルSIM対応のバージョンがあります(販売地域によって異なりますので、輸入購入をする場合にはご注意下さい)。

ヨーロッパでの発売価格は399ユーロ(約57000円)とされています。日本でもおそらくSIMフリー輸入代理店の「EXPANSYS(エクスパンシス)icon」が将来的に取り扱うと思います。発売直後の価格は6万円前後、数ヶ月もすれば4~5万円くらいで買えるようになると予想しています。半年もすれば3万台円くらいまで落ちる可能性もあるでしょう。


Xperia E1も日本未発売の「Xperia E」(現在日本で買うと輸入版が1.3万円程度)というロースペックモデルの後継機です。背面に大きなスピーカーを搭載し、ウォークマンボタンから音楽プレイヤーを一発起動できるというモデルとなりました。

こちらもEU地域で129~149ユーロ(約2万円)での販売が予定されているそうです。


ドコモやauからの発売はなさそうですが、輸入したSIMフリーモデルを格安SIMなどで利用するには安くて使いやすいモデルかもしれません。

性能だけで言えばXperiaZやZ1にもやや見劣りしますが、価格次第では面白い機種となりそうです。


参照:
SONY Xperia smartphones(オランダ語サイト, 写真やスペックの詳細が書かれています)
Xperia Blog
・SIMフリーXperia輸入代理店/「EXPANSYS(エクスパンシス)icon

エクスパンシス

拍手[1回]

PR
Comment
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字